ラグビー日本代表に31人選出

共同通信


                  宮崎県日向市の大御神社で必勝祈願を行う、ラグビー日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(前列右から2人目)とリーチ主将(同3人目)ら=17日
                拡大

宮崎県日向市の大御神社で必勝祈願を行う、ラグビー日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ(前列右から2人目)とリーチ主将(同3人目)ら=17日


                  ラグビーのパシフィック・ネーションズカップに臨む日本代表を発表し、記者の質問に答えるジョセフ・ヘッドコーチ=17日、宮崎市

 日本ラグビー協会は宮崎合宿最終日の17日、ワールドカップ(W杯)日本大会の前哨戦となるパシフィック・ネーションズカップ(PNC=27日開幕)に臨む日本代表を発表し、フランカーのリーチ主将(東芝)やFW第3列の姫野(トヨタ自動車)、バックスの松島(サントリー)ら31人が選ばれた。

 取材に応じたジョセフ・ヘッドコーチは「若手とベテランのバランスのとれたメンバーになった。(合宿で)やってきたことを試合につなげたい」と抱負を語った。17日は宮崎県日向市の大御神社で必勝祈願を行い、6月上旬から行ってきた宮崎市での合宿を打ち上げた。

PR

PR

注目のテーマ