グルメ充実の福岡ゴルフ場3つ!コースを望む絶景レストランで舌鼓

 朝から気持ちよく体を動かしていれば、自然とお腹がすいてくるもの。ゴルフがメインとはいえ、せっかくならおいしいグルメを楽しみたいところですよね。ところで、ゴルフが趣味という人の中には、「食事だけを目当てにゴルフ場へ行く」という方も少なくありません。それだけゴルフ場のグルメはハイレベルなものが多く、一流のレストランにも負けない味覚を提供しているところもたくさんあるんです。今回はおいしい食事メニューを提供する福岡のゴルフ場を厳選してご紹介します。

《福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部》「鉄板カルビ膳」や夏限定メニューが絶妙!


画像の掲載元URL:http://www.fukuokasevenhills.com/index.php 
出典:福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部
 


画像の掲載元URL:http://www.fukuokasevenhills.com/restaurant.php
出典:福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部

 

  • 施設名:福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部

  • 住所/アクセス:847-1108 佐賀県唐津市七山白木2403-3(長崎自動車道・佐賀大和ICより39km)

  • 開場時間:記載なし

  • 定休日:記載なし

  • HP:http://www.fukuokasevenhills.com/index.php

 福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部は、福岡都心から40分と、アクセス良好な高原リゾートです。標高400メートルの高台に位置し、夏場でもマイナス4度に達する涼しい環境でプレーを楽しめるのが大きな特徴。福岡と佐賀の県境に位置する浮嶽や、唐津湾が望めるグリーンにて、展望豊かなコースを回ることができるゴルフ場です。

 青々とした芝が整うフェアウエーに、手入れの行き届いたグリーンを年中保っている福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部では、エアレーションを活用することで人の手間をかけて整備しているんだとか。レディスティーの8番がハート形になっていたり、ナビ付きカートを備えていたりして、配慮が行き届いています。

 福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部の1番の特徴は、その充実したグルメ!定番メニューの「“壺(つぼ)”自家製タレに漬け込んだ鉄板カルビ膳」(税別1,700円)は、年間を通じて不動のNo.1。夏限定メニューも魅力的で、「昔懐かしい味 中華冷やし牛肉つけ麺」(税別1,200円)は夏シーズンにもってこいの美味。氷ではなく、凍らせた“だし”をトッピングする「特製醤油(しょうゆ)ダシの冷やしラーメン」(税別1,100円)も要チェックです。

◇西スポ過去記事 福岡セヴンヒルズゴルフ倶楽部

爽快!標高400メートル「マイナス4度」の高原リゾート


《ザ・クラシックゴルフ倶楽部》名物は上州豚を使った厚切りロースかつ!
 

画像の掲載元URL:http://tanimizu-hd.co.jp/the-classic/course/ 
出典:ザ・クラシックゴルフ倶楽部

画像の掲載元URL:http://tanimizu-hd.co.jp/the-classic/facility/
出典:ザ・クラシックゴルフ倶楽部                        
                                         

  • 施設名:ザ・クラシックゴルフ倶楽部

  • 住所/アクセス:823-0017 福岡県宮若市倉久1-3(九州自動車道・福岡I.C.より約30分)

  • 開場時間:記載なし

  • 定休日:記載なし

  • HP:http://tanimizu-hd.co.jp/the-classic/

 1990年に開場したザ・クラシックゴルフ倶楽部は、1995年の「日本女子プロゴルフ選手権」、2017年には「日本シニアオープンゴルフ選手権」、さらには2020年の「第53回日本女子オープンゴルフ選手権」の開催が予定されている、歴史と伝統を備えた九州でも有数のゴルフ場です。

 福岡ICから車で30分とアクセス良好で、フロントからロッカールーム、大浴場に至るまで、高級ホテルのようなラグジュアリーな佇まいが目を引きます。ここでしか買えない自家製ケーキや、卵の王様「貴黄卵」がお土産として人気。グリップやシャフトの交換、ロフト・ライ角調整を受け付けている「くらぶ工房 星彦」を併設しており、クラブのリメイクサービスも利用することができます。

 そんなザ・クラシックゴルフ倶楽部では、自然豊かな群馬で育てられる上州豚「とことん」を使った、「厚切りロースかつセット」が大人気。ゴルフ場内の「森のレストランLITA」で味わうことができるこのメニューは、お米や卵、醤油までこだわりの地元産食材を用いることが特徴です。ボリューミーな厚さもさることながら、柔らかくジューシーな食感がご飯とよくマッチしますよ。

《芥屋ゴルフ倶楽部》全国No.1の名物グルメ「鯛茶漬」が味わえる


画像の掲載元URL:https://www.keyagc.co.jp/information/library.html
出典:芥屋ゴルフ倶楽部

画像の掲載元URL:https://www.keyagc.co.jp/restaurant/
出典:芥屋ゴルフ倶楽部                            
                                    

  • 施設名:芥屋ゴルフ倶楽部

  • 住所/アクセス:819-1335 福岡県糸島市志摩芥屋1-1(福岡前原道路・前原ICより約10km)

  • 開場時間:記載なし

  • 定休日:記載なし

  • HP:https://www.keyagc.co.jp/index.html

 玄界灘を一望できる糸島市にあるのが、芥屋ゴルフ倶楽部です。1964年に開場した歴史あるゴルフ場の1つで、毎年夏には男子プロの国内トーナメントを開催。全国から有名ゴルファーが集まり、熱い戦いに身を投じています。

 雄大な糸島富士を正面に回る「小富士コース」に、玄界灘や芥屋の大門を望みながら回る「大門コース」が用意されています。小富士コースはトリッキーなコースが多く、良いスコア・悪いスコアの差が生まれやすい特徴を持ちます。大門コースはダイナミックなショットを楽しめる反面、意外とスコアが伸びないコースが多くあります。

 海に面したゴルフ場なだけに、新鮮な魚介類をふんだんに使ったレストランメニューが充実していることも、芥屋ゴルフ倶楽部の特徴です。芥屋ゴルフ倶楽部名物の「鯛茶漬」(税込2,370円)は、玄界灘で獲れた天然鯛を自家製ゴマだれに漬け込んだ絶妙な味わいが楽しめる一品。ゴルフクラシック「全国のゴルフ場の美味しいメニュー」では3年連続No.1の座を獲得しています。見た目も華やかでさまざまな魚介が楽しめる「刺身定食」(税込1,860円)とともに人気の看板メニューとなっており、どちらを選ぶか迷ってしまいそうです。

◇西スポ過去記事 芥屋ゴルフ倶楽部

勇太の女神にあやかろう

 

 福岡にはのびのびとゴルフを楽しめるゴルフ場がたくさんありますが、中でも絶品グルメを提供しているところをピックアップしてご紹介してきました。気になるゴルフ場や食事メニューはありましたでしょうか?

 青い空に白い雲、目の前に広がる広大な芝を一望しながらいただくゴルフ場グルメは、普段とは一味違った楽しみを提供してくれます。次の週末には、おいしい食事メニューを目当てにゴルフ場を訪れてみてはいかがでしょうか。

<西日本新聞メディアラボ>

 

PR

PR

注目のテーマ