山梨学院などが甲子園出場へ

共同通信

 第101回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は24日、各地で行われ、山梨学院、日本文理(新潟)鶴岡東(山形)が甲子園出場を決めた。

 岩手大会の準決勝では、注目の佐々木投手を擁する大船渡が一関工を5―0で下して、決勝に進出した。佐々木は毎回の15三振を奪い、2安打完封。最速は157キロだった。

 今春の選抜大会準優勝の習志野(千葉)が決勝進出。星稜(石川)は準決勝に進んだ。西東京大会では、昨夏の甲子園大会4強の日大三や早実が準々決勝で敗退した。

PR

PR

注目のテーマ