巨1―8ヤ(25日)

共同通信

 ヤクルトは二回、青木の適時打とバレンティンの2点適時打などで5点を先取した。五回にバレンティンの4試合連発となるソロで加点。山田大が5回1失点で3勝目を挙げた。巨人はヤングマンが4者連続四球を与えるなど自滅した。

PR

PR

注目のテーマ