ソ2―6オ(26日)

共同通信

 オリックスが連敗を3で止めた。吉田正の2打席連続本塁打などで三回までに4点を奪い、流れを譲らなかった。先発のK―鈴木が7回1失点で2勝目。ソフトバンクは先発の千賀が3本塁打を浴び、6失点で4敗目を喫した。

PR

PR

注目のテーマ