MLB

ヤンキースが首位走る

共同通信

 【ニューヨーク共同】米大リーグは4日、第19週を終え、ア・リーグは東地区で田中の所属するヤンキースがライバルのレッドソックスに4連勝するなど、72勝39敗として首位を走っている。西地区は大谷のエンゼルスがこの週1勝5敗で勝率5割を切り4位に後退。菊池のいる最下位マリナーズは借金が20に達した。中地区はツインズが首位を守った。

 ナ・リーグは西地区で前田の所属するドジャースがこの週5勝2敗で74勝40敗とし、首位を独走。平野のダイヤモンドバックスは勝率5割で、17ゲーム差の2位。中地区はダルビッシュのいるカブスが単独首位。東地区はブレーブスがトップ。

PR

PR

注目のテーマ