生奈ら浴衣であでやかに 蒲郡ボート レディースチャンピオン前夜祭

友好紙

 蒲郡ボートで7日に開幕するプレミアムG1「第33回レディースチャンピオン」の前夜祭・がまフェスクイーンズナイトが5日、蒲郡ボートで行われた。初日のドリーム戦に出場する小野生奈、寺田千恵、遠藤エミ、長嶋万記、中谷朋子の5選手(田口節子は欠席)に、地元愛知支部の谷川里江、大滝明日香、細川裕子、宇野弥生、水野望美を加えた計10人が出席。浴衣を着た艶やかな姿で、招待されたファンや関係者ら110人と交流の場を持った。

■自信を胸にDR1号艇 生奈

 初日のドリーム戦に出場する小野は、初の選考期間勝率1位で1号艇をゲット。「昨年もドリーム戦に出させてもらったけど、それより上の成績を取れてビックリした。自分がやってきたことが間違っていなかった」と確かな自信を胸に今大会に挑む。舞台となる蒲郡水面については「良かったり悪かったりで、あまり得意なイメージはない」と言うが、2013年12月にデビュー初優勝した思い出のレース場だけに相性は悪くないはずだ。

PR

PR

注目のテーマ