令和最初、夏の甲子園が開幕

共同通信

 令和最初の甲子園大会となる第101回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で49代表校が参加して開幕した。

 開会式の入場行進は、北海(南北海道)の辻本倫太郎主将が先導役を務めた。前回優勝校で、今夏は大阪大会で敗れた大阪桐蔭の中野波来主将を先頭に、旭川大高(北北海道)から沖縄尚学まで北から南の順に甲子園の土や芝生を踏みしめた。

 初出場の誉(愛知)の林山侑樹主将が「この101回目の大会を、記憶に残る大会にすることを誓います」と力強く選手宣誓した。

 大会は順調に日程が消化されれば、21日に決勝が行われる。

PR

PR

注目のテーマ