広1―7巨(14日)

共同通信

 巨人は菅野が7月2日以来の9勝目。切れ、制球ともに上々で8回を5安打、1点に抑えた。打線は1―1の七回に坂本勇の左中間二塁打と岡本の左前打で2点を勝ち越し、八、九回にも加点。広島は自力優勝の可能性が消滅した。

PR

PR

注目のテーマ