西8―20オ(15日)

共同通信

 オリックスが今季最多の20安打20得点で連敗を4で止めた。二回にロメロのソロから一挙7点を先制し、三回にロメロの満塁本塁打などで5点を加点。張奕は5回4失点で2勝目。西武は球団最悪に並ぶ20失点で連勝が5で止まった。

PR

PR

注目のテーマ