オ2―1ロ(18日)

共同通信


                  3回オリックス2死二塁、福田が右中間に先制二塁打を放つ=京セラドーム
                拡大

3回オリックス2死二塁、福田が右中間に先制二塁打を放つ=京セラドーム

 オリックスが4連勝した。三回に福田、小島の連続適時二塁打で2点を先制。K―鈴木は七回途中1失点で3勝目を挙げ、救援陣が無失点でつなぎ九回はディクソンが締めた。ロッテは七回に1点差としたが攻め切れず3連敗を喫した。

PR

PR

注目のテーマ