西3―5日(22日)

共同通信

 日本ハムは1点を先制された直後の四回に渡辺の2ランで逆転し、六回に清宮の2試合連発となる2ランで加点した。2番手の公文が2勝目を挙げ、秋吉がプロ6年目で自己最多の20セーブ目。西武は打線がつながりを欠いた。

PR

PR

注目のテーマ