鳥栖のFトーレス、引退翌日交流

共同通信

 J1鳥栖の元スペイン代表FW、フェルナンドトーレスが現役最後の試合から一夜明けた24日、佐賀県鳥栖市の本拠地、駅前不動産スタジアムでイベントに登場し、約5千人のサポーターの前で「(大敗した)試合の結果は残念だが、セレモニーなど素晴らしい時間を過ごせて感謝している」とあいさつした。

 前夜の記者会見は午後11時半ごろに終了。この日のイベントは午前9時に始まったが、疲れた表情を見せず、500人限定のサイン会などでファンと笑顔で交流した。今後はアドバイザーとして鳥栖に携わり「グラウンドの外から助けることになるが、同じ方向へ進むことには変わりない」と話した。

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ