新番付、連続V狙う鶴竜が東横綱

共同通信

 日本相撲協会は26日、大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)の新番付を発表し、2場所連続7度目の優勝を狙う横綱鶴竜が先場所に続き東の正位に座った。横綱在位33場所目で、千代の山を抜いて単独史上10位。西横綱の白鵬は3場所ぶり43度目の制覇を狙う。

 先場所途中休場の大関陣は東に高安、ともにかど番の豪栄道が西、栃ノ心が東の2番目となった。右膝負傷の影響により在位2場所で関脇に転落した貴景勝は西となり、10勝すれば1場所で大関に復帰できる。大関からの降下は夏場所の栃ノ心以来。東関脇の御嶽海は16場所連続の三役在位となった。

 日大出身の剣翔が新入幕を果たした。

PR

PR

注目のテーマ