鶴竜、優勝へ「新たな気持ち」

共同通信

 大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)で2場所連続7度目の優勝を狙う横綱鶴竜が新番付発表の26日、東京都墨田区の井筒部屋で記者会見し「新たな気持ち。優勝という高い目標を置いて、そのために自分が何をするかだけ」と語った。

 名古屋場所は腰に不安を抱えながら14勝1敗で制した。10日に34歳の誕生日を迎え、横綱在位33場所目は千代の山を抜き史上10位。「もう34歳かと思うけど、体はしっかり動いている」。24日にはバスケットボール男子の日本―ドイツを観戦。大のバスケットボール好きの横綱は「わくわくした。選手たちは輝いていた」とリフレッシュした様子だった。

PR

PR

注目のテーマ