大相撲の貴源治「兄弟で背負う」

共同通信

 大相撲の十両貴ノ富士が昨年に続いて付け人の序二段力士に暴力を振るった問題で、双子の弟の平幕貴源治が4日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で取材に応じ「2度目で情けないがやってしまったことは事実。兄弟で背負っていく」と語った。

 8月31日の暴行以降、貴ノ富士と何度も話し合い「何をやっているんだ」と涙ながらに叱ったという。経緯について、付け人が指示通りに動かなかったと判断した貴ノ富士が「げんこつでゴツンとやってしまったみたい」と説明。「兄貴は、これぐらいで(問題になるのか)と思ったんじゃないか」と推察した。

PR

PR

注目のテーマ