サッカー日本、初戦へ非公開調整

共同通信

 【ヤンゴン共同】サッカーの日本代表は8日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組初戦のミャンマー戦(10日)に向け、時折雨が降るヤンゴンの試合会場で冒頭以外を非公開として約1時間、調整した。冒頭部では大迫(ブレーメン)らがパス交換などでふぞろいな芝生の感触を入念に確かめた。

 5日に始まったアジア2次予選で、ミャンマーはアウェーでの第1戦でモンゴルに0―1で敗れた。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は33位、ミャンマーは135位。

PR

PR

注目のテーマ