石野速攻でGⅠ7V 高松宮記念 【住之江】

友好紙

 住之江ボートのG1高松宮記念は10日、最終12Rで優勝戦を行い、石野貴之(37)=大阪・90期・A1=がイン速攻で快勝。G1は2017年11月の蒲郡ダイヤモンドカップ以来となる7回目、高松宮記念は初めての優勝を飾った。5コースからまくり差した原田幸哉が2着、2周1Mで今垣光太郎をツケマイで制した田村隆信が3着に入った。

■ヒーロー

 伝統ある大会の覇者に名を刻んだ。石野が勝ち取った絶好枠から逃げ切って、高松宮記念初Vを達成した。過去には元選手で父の美好さんも2回制している。「本当にこのタイトルが欲しかったのでちょっと泣きそうでした」とレース後に振り返ったように、ゴールラインを駆け抜けた直後は左手でガッツポーズし、タイトルを獲得した喜びを表現した。

 直前のSGメモリアル(大村)で優出3着、そして今回の優勝で900万円を獲得して、今年の賞金ランキングは13位に浮上。6年連続となるSGグランプリ(12月17~22日・住之江)の出場へ大きく前進した。「大村でペラの考え方を変えたのが今節に生きたと思う。いい流れになってきたので頑張りたい」。地元でのVで態勢は整った。まだ手にしていない年末の大舞台での頂点だけを見据えて、勢いを加速させていく。 (松下 央)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ