女子ゴルフ、高橋と朴仁妃が首位

共同通信


                  第1日、1番でティーオフする高橋彩華。4アンダーで首位=チェリーヒルズGC
                拡大

第1日、1番でティーオフする高橋彩華。4アンダーで首位=チェリーヒルズGC

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日(12日・兵庫県チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72)国内四大大会第2戦はツアー未勝利の21歳、高橋彩華と朴仁妃(韓国)が4アンダーの68で首位に並んだ。四大大会で2連勝を狙う20歳の渋野日向子は70で回り、オーバーパーなしの連続ラウンドをツアー新記録の29に伸ばして11位。

 トップと1打差の3位は畑岡奈紗、森田遥、全美貞、アン・ソンジュ(ともに韓国)ら8人で、前回優勝の申ジエ(韓国)は1オーバーの46位と出遅れた。(賞金総額2億円、優勝3600万円、出場132人)

PR

PR

注目のテーマ