六大学野球、明大と法大が勝ち点

共同通信

 東京六大学野球リーグ第1週第2日は15日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、春秋連覇が懸かる明大が東大に8―0で快勝し、法大は早大を2―0で下し、ともに連勝で勝ち点1を獲得した。

 明大は三回に市岡の先制打などで4点を奪い、その後も着実に加点。6回を2安打に抑えた伊勢が通算4勝目をマークした。法大は2試合連続の無失点リレーで、救援の朝山がリーグ戦初勝利。早大は一回1死満塁などの好機を生かせなかった。

PR

PR

注目のテーマ