プロ志望届、佐々木・奥川ら提出

共同通信

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

 高校生は大船渡の佐々木朗希と、星稜の奥川恭伸が別格の存在。佐々木は甲子園大会未出場ながら4月に球速163キロをマークするなど異次元の剛速球を投じる。日本ハムが1位指名を明言している。

 奥川は、完成度では近年の高校生投手でトップクラスだ。今夏の甲子園大会で準優勝し、U18W杯でも快投。1位指名が有力で、佐々木とともにどれだけ指名が集中するか。

 

PR

PR

注目のテーマ