巨人がスカウト会議

共同通信

 巨人は4日、東京都内の球団事務所でスカウト会議を開き、ドラフト会議での全体の指名候補選手を約60人に絞った。1位候補は現時点で岩手・大船渡高の佐々木や石川・星稜高の奥川ら8人で、16日の次回会議で最終決定する方針。

 1位候補にはこの他、東海大の捕手の海野がリストアップされた。長谷川スカウト部長は阿部の現役引退を受けて捕手の育成も重要視し「体が大きいわけじゃないが、実戦的にいいものを持っている」と評価した。

PR

PR

注目のテーマ