Official髭男dism、ユニークなバンド名に「パートの奥さんにダメ出しされた」過去

オリコン

アルバム『Traveler』を発表するOfficial髭男dism 拡大

アルバム『Traveler』を発表するOfficial髭男dism

 Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)、通称“ヒゲダン”という不思議な名前のバンドをご存知だろうか。ドラマ・映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌や『熱闘甲子園』テーマソングを担当しており、彼らのことを知らなくても、テレビや街で曲を耳にした人も多いだろう。米津玄師やあいみょん同様、YouTube再生数も好調、ストリーミングでは19週連続1位を記録中だ。若年層だけでなく、幅広い世代に訴えかける“ヒゲダン”とは?

【写真】レアすぎる! ダウンタウンとジェンガ対決するOfficial髭男dism

■ストリーミング19週連続1位のヒゲダン、バンド名にダメ出しされた過去も…

 ロングヒットを続けている「Pretender」は、映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌として話題を集め、テレビやCM、街でもよく流れていた曲。ヒゲダンのことをよく知らない人でも、“グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない”というサビのフレーズを聴けば、「あの曲か!」とピンと来るだろう。同曲はオリコン週間ストリーミングランキングで19週連続1位(10/7付)と、あいみょんの「マリーゴールド」(20週)に次ぐ驚異的な記録を更新中。また、YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」では、ミュージックビデオが米津玄師の「馬と鹿」「パプリカ」と並んで上位をキープし続け、再生回数は6千800万回超(10月3日現在)。9月27日放送の『あさイチ』(NHK総合)でも披露されたこの曲は、2019年、もっとも聴かれた曲の一つと言っても過言ではないだろう。

 Official髭男dismは、2012年に島根県松江市で結成。メイン・ソングライターの藤原聡(ボーカル&ピアノ)を中心に、歌モノのポップミュージックを追求する4人組ピアノポップバンドだ。ユニークなバンド名は、“髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたい”という思いから。とはいえ、当初は驚かれることも多かったという。

 「結成した頃、バイト先のパートの奥さんに『意味がわからないから、バンド名を変えたほうがいい』と言われたこともあります(笑)。今ではみんなが漢字の部分(髭男/ヒゲダン)で呼んでくれて、公用語みたいになって。嬉しいですね」(楢崎誠/ベース&サックス)

■島根から上京、月9ドラマや『熱闘甲子園』の曲で一躍メジャーに

 「音楽シーンや大きなライブハウスもなく、スポットライトが当たる機会が少なかった」という地元・山陰で活動していた彼らは、音楽に専念したいと上京。2015年に最初のミニアルバムを発表すると、ブラックミュージックの要素を取り入れた楽曲が早耳の音楽ファンや媒体関係者の耳に留まり、ネクストブレイク候補として注目される。

 「もともと“武道館でライブをやりたい”みたいな目標はなくて、いい曲を作ることだけを考えてました。将来のビジョンが少しずつ生まれてきたのは、東京に来てから。同じ事務所だったSEKAI NO OWARIを見て、刺激を受けたことも大きかったです」(藤原)

 ソウル、ファンク、ギターロックなど多彩なサウンドを質の高い日本語のポップスに結びつけたヒゲダンの楽曲は、音楽ファンはもちろん、業界関係者からも支持された。2018年1月には音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、音楽プロデューサー・蔦谷好位置がプッシュ。さらに、aikoや後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)などが絶賛するなど、その評価を高めていく。そして2018年4月に「ノーダウト」(フジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌)で突如としてメジャーデビュー。今年に入り、前述した「Pretender」、「宿命」(ABC朝日放送系『熱闘甲子園』テーマソング)と次々にヒット曲を生み出し、一気にメジャーシーンに躍り出たというわけだ。

■「“こうやったら売れる”と音楽にHow toを持ち込むのは違う」

 メジャーデビュー直後から大型のタイアップに恵まれたこともポイントだが、彼らが急激なブレイクを果たした最大の要因は、やはり楽曲のクオリティの高さ。トレンドを意識するのではなく、自分たちが求める音楽を追求する姿勢も一貫している。

 「“こうやったら売れる”と音楽にHow toを持ち込むのは違うと思うし、まずは自分たちが心から好きだと思える曲を作らないと。そこはずっと変わってないですね。もちろん、ヒットするのは嬉しいです。ランキングで上位に入ることも、どれだけ聴いてもらえているかの指標になるので」(藤原)

 「『Pretender』はかなり攻めたアレンジなので、どこまで広がるかはわからなかったけど、リスナーがしっかりキャッチしてくれた。今は音楽ファンの耳も鋭くなっているので、いいものをきちんと受け止めてくれる環境があると思います。『Pretender』『宿命』もそうですけど、(タイアップ先の)スタッフの方からアイディアをもらったことで、さらに曲が良くなったことも大きいですね」(小笹大輔/ギター)

 「たくさんの人に聴かれていることを実感できるのは、やっぱりライブ。イントロだけですごい反応が返ってきたり、フェスで入場規制がかかったり。街で、“高校生がヒゲダンの曲を口ずさんでた”みたいな話を聞くことも多くて、とても嬉しいです」(松浦匡希/ドラム)

 10月9日にはメジャー1作目のアルバム『Traveler』を発表。「Pretender」「宿命」のほか、「イエスタデイ」(映画『HELLO WORLD』主題歌)、「ビンテージ」(Netflix『あいのり:African Journey』テーマソング)などを収録した本作には、ヒゲダンが持つ幅広い音楽性が表現されている。藤原以外のメンバーが作詞・作曲した楽曲も大きな聴きどころだ。

 「メンバーの音楽センスはすごく面白いし、それを引き出すことで唯一無二のバンドになれるんじゃないかと。最近、歌のディレクションもメンバーにやってもらっているんですよ。そうやって支えてもらえてることもボーカリストとしてすごく大きいです」(藤原)

 2020年3月からは初のアリーナツアーを行うなど、ライブの規模と客層もさらに拡大している。そこには“求めてくれる人にできるだけ応えたい”という思いがあるという。

 「ライブを観たいと思ってくれる人が、“チケットが取れない”という状況をできるだけ作りたくない。自分たちがアリーナの景色を観たい気持ちもあるけど、それよりも開かれたバンドでいたいという思いのほうが強いですね」(藤原)

 「以前のリスナーは20代、30代の方が中心。10代の若い人たちがライブに来てくれるようになったのは、実は最近ですね。50代くらいの方も来てくれるんですが、本物の音楽を聴いていた人たちが自分たちに興味を持ってくれたんだなって、嬉しくなります」(松浦)

■米津やあいみょんら同世代の活躍に喜び、「『紅白歌合戦』には素直に出たい」

 米津玄師、あいみょん、King Gnuなど、次世代を担うアーティストが次々と登場している現在の音楽シーン。もちろんヒゲダンもその一角を担うわけだが、「今の状況をどう捉えているのか?」と聞いてみると、「良くなくて売れてる曲なんてないし、すごくいい状況だと思う」(小笹)と前向きな答えが返ってきた。

 「米津さんもすごいと思うし、RADWIMPSがずっと進化を続けていることにも刺激を受けます。最近ヒットしてる曲って、サビがめちゃくちゃ歌いやすいかと言えば、そうでもないんですよね。洋楽っぽくて難度が高いメロディも多いし、そういう曲を聴いている世代の音楽偏差値はもっと上がっていくんじゃないかな」(松浦)

 「カッコいいアーティストが同じ時代にいてくれるのはすごく嬉しいし、僕らの音楽ももっと良くなると思う。それは競争ではなくて、いい音楽が多いほうが楽しいじゃないですか(笑)。ヒゲダンを好きな人にも、僕らが聴いてきた音楽を知ってほしいし、“こんなに素晴らしい音楽があるんだよ”ということも発信していきたいですね」(小笹)

 今年も残すところ2ヵ月。年末が近づくと、やはり気になるのはあの音楽番組だ。

 「『紅白歌合戦』(NHK総合)には素直に出たいと思います。山陰にいる家族にも“がんばってるんだな”って伝わりやすいと思うので」(松浦)

豊かな音楽に触れながら、心から好きだと思える曲を作り、幅広い年代のリスナーと共有してきたヒゲダン。そんなピュアな思いが花開き、全国の老若男女にさらに浸透する日は近いだろう。

(文:森朋之)

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ