トキワ荘ゆかりの豊島区でマンガ・アニメの未来を作るフェスティバル

オリコン

2019年11月15日(金)〜17日(日)開催『国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima』(IMART) 拡大

2019年11月15日(金)〜17日(日)開催『国際マンガ・アニメ祭Reiwa Toshima』(IMART)

 今年「東アジア文化都市2019豊島」として区内各地でさまざまな文化事業を行っている東京都豊島区で、このスペシャル事業のマンガ・アニメ部門クロージング企画として、11月15日(金)〜17日(日)の期間、マンガ・アニメの未来を作るフェスティバル『国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima』(略称:IMART(アイマート)が豊島区庁舎を中心に開催される。

【動画】「東アジア文化都市2019豊島」プロモ映像

 かつて戦後のマンガ・アニメ界の基礎を築いた「トキワ荘」のあった豊島区に、マンガ・アニメ業界の現在におけるリード・カンパニー(あるいは個人)をパネリストや講師として迎え、その知見を共有する機会を提供。参加者がここで学びを得ることによって、いま激変の時期を迎えつつあるマンガ・アニメの未来を作り出すためのそれぞれの活動に活かし、さらなる新しい可能性を生み出すことを目指している。

 同フェスティバルはマンガ・アニメの未来をテーマにしたカンファレンスをメイン・プログラムとして実施。カンファレンスのトークセッションのテーマは、教育の最先端、テクノロジーのいま、映画祭の可能性、官民一体のあり方、新しいビジネスモデル、マンガ・アニメのエンターテイメント外での活用可能性、アーカイブ、クリエーションの現場、個人作家のキャリアデザイン、「聖地」のあり方など多岐にわたり、それぞれの分野をリードする第一人者たちが3日間にわたり集結する。

 基調講演およびカンファレンス登壇者(第一弾)として発表されたのは以下のとおり。

■基調講演:
塚本進(株式会社KADOKAWA 顧問 海外担当/株式会社ジャパンマンガアライアンス顧問)

■カンファレンス登壇者:
Moira Marguin(ゴブラン・アニメーション・スクール アニメーション学科長)
Gerben Schermer(キュレーター:アニメーション&コンテンポラリー・アート)
伊藤智彦(アニメーション監督)
小川絵美子(プリ・アルスエレクトロニカ ヘッド)
荻野健一(デジタルハリウッド大学大学院教授)
押山清高(アニメーター/アニメーション監督/スタジオドリアン代表)
柿崎俊道(聖地巡礼プロデューサー、株式会社聖地会議 代表取締役)
樹崎聖(マンガ家、漫画元気発動計画Domix主催)
久野遥子(アニメーション作家/マンガ家)
庄司昌彦(武蔵大学社会学部教授、HITE-Media)
瀬下寛之(映画監督)
塚田有那(編集者・キュレーター、HITE-Media)
轟木保弘(ワコム CRBU JPAPマーケティング エンタープライズ/デザイン教育担当エヴァンジェリスト)
平岡政展(アニメーション作家/CAVIAR)
水江未来(アニメーション作家)
山川道子(プロダクションI.G アーカイブグループ グループリーダー)
山口晶(CITIA日本代表 サンブリッジ取締役代表)

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ