映画界のレジェンドたちがNYに集結 『アイリッシュマン』初上映

オリコン

Netflix オリジナル映画 『アイリッシュマン』(左から)ジョー・ペシ、アル・パチーノ、マーティン・スコセッシ、ハーヴェイ・カイテル、ロバート・デ・ニーロが勢ぞろい 拡大

Netflix オリジナル映画 『アイリッシュマン』(左から)ジョー・ペシ、アル・パチーノ、マーティン・スコセッシ、ハーヴェイ・カイテル、ロバート・デ・ニーロが勢ぞろい

 米ニューヨークで開催された『第57回ニューヨーク映画祭』(9月27日~10月3日)のオープニング作品として、Netflix オリジナル映画 『アイリッシュマン』が配信に先駆けて世界初上映された。レッドカーペットセレモニーには、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテル、そして巨匠マーティン・スコセッシ監督ら、映画界のレジェンドたちが一堂に介し、周囲を圧倒した。

【写真】何歳になってもカッコいいロバート・デ・ニーロ

 レッドカーペットに登場したマーティン・スコセッシ監督は、「とてもワクワクしているよ。46年前、ここで『ミーン・ストリート』のプレミアをしたんだ」と本作同様にデ・ニーロやカイテルとタッグを組んだ作品のプレミアを懐かしんだ。

 そんなスコセッシと22年ぶり9度目のタッグとなるデ・ニーロは「皆でこの映画を完成できてうれしかった。マーティンが撮りたいようにこの映画を撮れたのは、資金的にもサポートしてくれるNetflixがいたからだ。幸運だったよ」と作品の完成を喜んだ。さらにデ・ニーロと14年ぶり4度目の共演となるアル・パチーノは「何年か前に台本読みをやったんだけど、その時に全員が勢ぞろいしてとても楽しかったね」と振り返っていた。

 本作は上映時間209分というスコセッシ監督こん身の超大作。上映終了後には、鑑賞した評論家、メディアから「スコセッシの最高傑作!」(New York Post)、「スコセッシの作品で最も感傷的で胸を打たれる!」(New York Times)、「アカデミー賞作品賞のノミネートは確実だろう!」(The Playlist)と大絶賛が巻き起こり、辛口の米・映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」でも批評家スコア100%フレッシュと最高点を獲得した(10月4日時点)。

 本作は、全米トラック運転組合のリーダー、ジミー・ホッファの失踪、殺人に関与した容疑をかけられた実在の凄腕ヒットマン、フランク“The Irishman”・シーランの半生を描いた物語。第2次世界大戦後の混沌としたアメリカ裏社会を舞台に無法者たちの壮絶な生き様を、重厚でハイクオリティ一な映像で描き出す。

 米国ではNetflixでの配信に先駆けて、11月1日より劇場公開されることが決まっており、本年度アカデミー賞3部門を受賞したNetflixオリジナル映画『ROMA/ロー
マ』同様に、各賞レースを席巻するのではないかと世界中の注目が集まっている。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ