400勝左腕の金田正一さん死去

共同通信


                  巨人時代の金田正一投手=1969年10月
                拡大

巨人時代の金田正一投手=1969年10月


                  死去した金田正一さん

 プロ野球で唯一の400勝を達成するなど史上最高の左腕投手と呼ばれ、ロッテで監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため東京都内の病院で死去した。86歳。愛知県出身。喪主は長男賢一(けんいち)氏。通夜・告別式は近親者のみで執り行う。後日「お別れの会」を行う予定。

 1950年に愛知・享栄商高(現享栄高)を中退して国鉄(現ヤクルト)に入団。長身から投げ下ろす速球と大きなカーブを武器にプロ2年目から14年連続で20勝以上をマークし、56年から3年連続で沢村賞を受賞した。

PR

PR

注目のテーマ