【スカーレット】第1週「はじめまして信楽」振り返り

オリコン

連続テレビ小説『スカーレット』第1週より。働き者で絵が得意なヒロイン・川原喜美子(川島夕空)(C)NHK 拡大

連続テレビ小説『スカーレット』第1週より。働き者で絵が得意なヒロイン・川原喜美子(川島夕空)(C)NHK

 9月30日よりNHKで放送が始まった連続テレビ小説『スカーレット』(月~土 前8:00 総合ほか)。本作は、理想の信楽焼を求めて、土と炎に向き合う女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)の物語。第1週(第1回~第6回:9月30日~10月5日)を振り返る。

【写真】陶芸家として道を切り開いていくヒロインを演じる戸田恵梨香

 物語は、昭和22年にさかのぼる。9歳の喜美子(川島夕空)は、お調子者だが憎めない父の常治(北村一輝)、おっとりとした母のマツ(富田靖子)、2人の妹と共に大阪から滋賀・信楽にやってきた。常治が戦後に手を出した事業で失敗し、借金取りから逃げてきたのだ。信楽は焼物の町で、当時、全国随一の火鉢の生産地だった。

 常治の戦友の大野忠信(マギー)、妻の陽子(財前直見)の世話で、古い家を借りられることに。戦争が終わり、「これからは楽しいことばっかりや」とみんなに言う常治。明るくて頑張り屋の喜美子の、信楽での生活が始まった。

 喜美子は小学校に向かう途中、野生のタヌキに出くわす。あとをつけると、地面を掘り返す慶乃川善(村上ショージ)。聞けば陶芸家で、焼き物を作る土を集めていると言う。喜美子は土が売れると知り、興味を持つ。

 さらに喜美子の楽しみは小学校で始まった給食。しかし、毎日、妹たちの面倒を見て、家事を手伝い、ろくに勉強できなかった喜美子と同級生たちとの学力の差が明らかに。そんな喜美子のことを信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢様・熊谷照子(横溝菜帆)が意味ありげに見つめていた。

 ある日、買い出しに行った常治は、闇市で暴漢に襲われていた男・草間宗一郎(佐藤隆太)を助け、連れて帰ってくる。草間が居候することになり、食費が増えたせいで、喜美子の大好きな給食費が払えなくなる危機が。喜美子は草間に早く出て行ってもらおうと考えるが、覇気のない様子が気になって尋ねると、意外な答えが。

 「心に栄養が足りない」という草間を元気づけるため、慶乃川の家に押しかけ、焼き物を見せてもらうことに。だが作品は喜美子にとって不格好で、悪気なくけなしてしまう。草間から慶乃川に対する態度がひどかったと叱られてしまう喜美子。後日、喜美子は慶乃川の元を再訪し、先日の態度をわびるのだった。

 ある日、神社に紙芝居がやって来た。お金がなくて駄菓子がもらえず紙芝居を見ずに帰ってきてしまった喜美子は、妹の直子(やくわなつみ)のために自ら紙芝居を作ろうと考える。描き始めると、居候の草間に「すごいよ、たいしたもんだ」とほめられ、喜美子は小学校へ行くのを忘れるほど没頭。授業中も絵を描き続けて先生に怒られるも、常治の口癖「女に学問は必要ない」と悪びれることはない。ところがその言葉を聞いた照子が地元の有力者である父親に常治の前で告げ口して騒動に。喜美子は照子の家で勉強を教わることになった。そこにはなぜか、同級生の大野信作(中村謙心)もいた。

 草間は突然、喜美子に手紙を残し、出ていってしまう。物静かだが、良くないことは良くないと叱り、良いところはきちんとほめてくれた草間との時間は、喜美子には忘れられないものになった。

 さらに小学校では、照子と信作との三角関係に巻き込まれ、喜美子は二人の待ち合わせに付き合うことに。約束の場所はなぜか墓地。その日は、照子の戦死した兄の誕生日だという。ところが信作は心のうちを喜美子だけに打ち明けて帰ってしまう。残された喜美子は、照子からも秘密を明かされ、初めての体験をする。その頃家には借金取りがやって来て…。

■第2週「意地と誇りの旅立ち」(10月7日~12日)

 信楽で初めての冬を迎えた喜美子。父・常治を訪ねて、借金取りがくるも、間一髪で草間の柔道に助けられる。それがきっかけで、喜美子は柔道を習うことに。5年後、喜美子(戸田恵梨香)は中学卒業を控えていた。常治が見つけた仕事先は、遠い大阪。卒業式の後、喜美子は照子(大島優子)と信作(林遣都)と、最後の楽しい時間を過ごす。旅立ちを前に喜美子は、信楽焼のカケラを見つける。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ