阪神、ソフトが進出決定

共同通信


                  7回、決勝の本塁打を放ちガッツポーズで一塁へ向かうソフトバンク・内川。右は楽天・宋家豪=ヤフオクドーム
                拡大

7回、決勝の本塁打を放ちガッツポーズで一塁へ向かうソフトバンク・内川。右は楽天・宋家豪=ヤフオクドーム


                  8回、梅野(44)の犠飛で勝ち越し、ベンチで喜ぶ阪神・矢野監督=横浜

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)は7日、セ、パ両リーグともに最終第3戦が行われ、セはレギュラーシーズン3位の阪神が2位のDeNAに2―1で競り勝ち、パは2位ソフトバンクが3位楽天を2―1で下して2連勝で、ともに対戦成績を2勝1敗としてファイナルステージ進出を決めた。阪神は5年ぶり、ソフトバンクは6年連続での進出となった。

 阪神は1―1に追い付かれた直後の八回、梅野の中犠飛で1点を勝ち越した。

 ソフトバンクは1―1の七回、内川の本塁打で1点を勝ち越し、継投で逃げ切った。

 ファイナルステージは9日に開幕する。

PR

PR

注目のテーマ