『テラハ』新メンバーにプロバスケ選手加入<ネタバレあり>

オリコン

「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」18話より加入する田渡凌(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント 拡大

「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」18話より加入する田渡凌(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

 フジテレビとイースト・エンタテインメントが制作し、Netflixにて配信中人気リアリティー・ショー『TERRACE HOUSE 2019-2020』。第18話ではプロのバスケットボール選手で、横浜ビー・コルセアーズに所属する田渡凌(たわたり・りょう/26)が加入する。

【写真】茶髪ロングヘアの可愛らしい大学生 女子新メンバー・水越愛華

 現在のメンバーは女優・奥原春花(24)、イラストレーターの渡邉香織(28)、桜美林大学4年生・水越愛華(21)と、アルバイトの西野入流佳(20)、イタリア人のデュラト・ジュゼッペ(26)、また、今回で俳優の松嵜翔平(25)が卒業。前日に唯一流佳だけに打ち明け、まだ誰も起きていない早朝に一人でそっとテラスハウスを後にした。

 翔平の突然の卒業に戸惑いを見せていたメンバーだったが、その日の夜に凌がやってくる。男性メンバーだけがそろった中で、凌も英語が話せることをアピールし、ペッペと英語で会話し始めた。目の当たりにした流佳も英語を今勉強していることを伝え、「今日から1回も日本語を使わないでいきましょうね」と凌が早速ジョークを交わす場面も。

 女性メンバーもそろい、改めて自己紹介をする凌。所属しているチーム名を挙げると、ペッペが「見たことある!友達が超ファンで、お兄さんが所属している!」と興奮して伝え、凌の先輩でもある湊谷安玲久司朱(みなとや・あれくしす)選手とつながっていることが分かった。ペッペも「良かった!最高!」と満面の笑みを見せ、うれしさを隠せない様子。流佳も昔2回ほど田臥勇太選手が好きで見に行ったことがあると話し、バスケットボール好きが多いことが明らかに。

 田臥選手もNBAにかつて所属していたことから、凌は海外リーグへの夢を語り始めた。「高校を卒業して5年間留学しており英語も話せるので、将来は海外のリーグに行きたい。今の一番の目標は日本代表に入り、そこから海外リーグに挑戦したい」。真剣に話を聞くメンバーの中、ペッペは「できるできる きっとできる!」と励ます。その後、男性メンバーだけでプレイルームへ。それぞれに好きな人がいるか探りだす。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ