松岡昌宏、生まれ変わったら「テレビ東京のプロデューサーになりたい」

オリコン

生まれ変わったら”テレビ東京のプロデューサーになりたい”と希望した松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc. 拡大

生まれ変わったら”テレビ東京のプロデューサーになりたい”と希望した松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.

 TOKIOの松岡昌宏が主演するテレビ東京の新しい深夜ドラマ枠「ドラマホリック」第1弾『死役所』(16日スタート、毎週水曜 深0:12)の制作発表会が10日、都内の撮影現場で行われ、松岡、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんが出席した。

【写真】メガネ姿が似合う松岡昌宏

 同ドラマは、あずみきし氏が『月刊コミックバンチ』(新潮社)で連載中の同名漫画の実写化作品。さまざまな理由で亡くなった人たちが、死後の行き先を決めるため、必ず訪れる役所“死役所”を舞台に、訪れた死者の生前の生き様があぶり出されていく。

 死役所の職員、シ村役で主演する松岡は、生まれ変わったら「テレビ東京のプロデューサーになりたい」と希望。「楽しそうでいいな、と思って。社風」と、会見の冒頭であいさつした同ドラマのプロデューサー・倉地雄大氏が黒のセーター姿だったことをいじり、「普通、会見だったらピシッとした格好をしてくるのに…。これがテレ東、いいなぁ」と笑いを誘っていた。

 松岡はほかにも、「このスケジュールでやるのか、と知った時、死ぬかと思いました」とプロデューサーをいじりながらも、「面白い作品になっていると思います」と自信をのぞかせていた。

 また、松本は第2話にゲスト出演する酒井若菜のコメントを引用して、「大切な人を亡くした経験のあるかたがこのドラマをご覧になったとき、『死役所』という場所を想像し、ほんの少しでもその想像力が心を軽くするきっかけになればいいな、と願うばかりです、とおっしゃっていたことを知ってもらいたいな、と思いました。自分がどう生きるか、を考えさせる心打つ作品。ぜひ観ていただきたい」と話していた。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ