ムロツヨシ『世にも奇妙』“コールドスリープ”するIT社長役で初主演「夢をかなえる事が!」

オリコン

フジテレビ土曜プレミアム『世にも奇妙な物語'19秋の特別編』より『コールドスリープ』で主演を務めるムロツヨシ(C)フジテレビ 拡大

フジテレビ土曜プレミアム『世にも奇妙な物語'19秋の特別編』より『コールドスリープ』で主演を務めるムロツヨシ(C)フジテレビ

 俳優のムロツヨシが、11月9日に放送されるフジテレビ系土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’19秋の特別編』(後9:00)内オムニバスドラマ『コールドスリープ』で、同シリーズ初主演を務めることがわかった。同シリーズ出演は、2015年11月放送の『25周年記念!秋の2週連続SP傑作復活編』以来約4年ぶり。今回は生物を生きたまま低温状態で保存し、組織の老化を防ぐ“コールドスリープ”の機械に入ることとなる『ITの風雲児』『未来を創造する男』と称される社長・藤田吾郎を演じる。

【写真】”世にも奇妙”で初主演!宇宙飛行士姿のムロツヨシ

 藤田には一人息子の恭平(長野蒼大、のちに落合モトキ)がおり、優秀な大人になるように、教育にもかなり力を入れていた。また事業で成功をおさめた彼は、幼いころからの夢である日本人初の宇宙旅行を実現させようとしていた。しかし、恭平と副社長の大岩(桜井聖)はそんな藤田の身を案じていた。というのも、数週間前、藤田は治療法のない病気と診断され、余命3ヶ月を宣告される。そんな藤田は最大50年冬眠できて、途中4回まで覚醒する事ができるという“コールドスリープ”にいちるの望みをかける。

 満を持しての主演にムロは「24年前に役者という道を選んだのですが、その道を選ぶ前から放送しているシリーズということで、役者を志した頃は目標にする事もできませんでした。僕が映像デビューしたのが28歳で、30代でも夢はかなわず、43歳で主演という夢をかなえる事ができました!ありがたいですし、うれしい限りでございます」と感慨もひとしお。

 演じる上で苦労した点は「強いていうと、『コールドスリープ』から目覚めるシーンでしょうか」と挙げ「全身麻酔から目覚めるのと同じルールでやろうという事になっていたのですが、目覚めたとき、息子や研究員さんなど周りの人たちは歳をとっているので、その時のリアクションは、もちろん経験がなくて、想像でしかないので、その演技がどう見えるのか皆さんの評価を聞きたいです。あと、『コールドスリープ』の機械に頭をぶつけるシーンで、僕が寝る位置を間違えてしまって、下唇を思いっきりぶつけてしまったのですが、そのままOKがでたシーンがあるのでそこも見て頂ければと思います」と細かいみどころを紹介している。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ