乃木坂46・久保史緒里、人見知り克服に苦労 伊藤純奈は4期生・田村真佑からイジられる

オリコン

人見知り克服に苦労していることを明かした乃木坂46・久保史緒里 (C)ORICON NewS inc. 拡大

人見知り克服に苦労していることを明かした乃木坂46・久保史緒里 (C)ORICON NewS inc.

 人気アイドルグループ・乃木坂46の久保史緒里、向井葉月、早川聖来、伊藤純奈、田村真佑が10日、東京ドームシティホールで上演される乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン 2019』ゲネプロ前囲み取材に登壇。主人公・月野うさぎ/セーラームーン役としてきらびやかな戦士衣装でフラッシュを浴びると「緊張や不安がありつつ一番に楽しみだと思える初日は私にとっては初めて。だい好きなキャストのみなさんと楽しく、素敵な時間を過ごせたら」と胸を張った。

【集合ショット】美少女戦士セーラームーン”5戦士”それぞれの衣装で登場した乃木坂46・久保史緒里、伊藤純奈ら

 武内直子による世界的に愛される少女漫画をもとに、昨年、初演を迎えた乃木坂46版ミュージカル。今回はセーラームーンら5戦士キャストを一新した第2弾となる。けいこで大変だったことについて、「心を開くこと」と久保。「人と話すのがすごくすきなんですけど、そこにいくまでに時間がかかってしまう。なのでその壁を、超えるためには、自分で開くしかない」と“人見知り克服”には苦労したそう。「その壁を超えられそうになったときから、場面やせりふの意味をキャスト同士で共有するのがすごく楽しくなった」と成長を実感した。

 そんな久保を恋人役(地場衛/タキシード仮面)として支えた石井美絵子は「史緒里の心を溶かすことが大変でした」と苦笑すると久保は「ごめんなさい!」と恐縮。「すごくいい子で真面目でなにをいっても全部『はい!』って聞いちゃうので。『はい』じゃなくて自分の言葉にするのが…でも今もできてるもんね?」と顔を見合わせると、久保は「本当ですか?」と安堵した表情を浮かべた。

 また、一番先輩となる伊藤は「この子たちはいい意味で手がかかる! それぞれいろんな種類の妹が急にできたみたい」と本音。「今も楽屋も妹たちがうるさいのを微笑ましく見てた。いい意味で大変でした」と“いい意味”を強調しつつ、お姉さんとして奮闘。一方で劇中の名セリフ「月に代わってお仕置きよ!」にかけ“お仕置き”したいメンバーを問われると、田村を指名した。

 「なんでですか~?」とかわいらしく異を唱える田村に、伊藤は「全員なんですけど、私がなにをしても『純奈さんかわいい~』とかイジってるんですよ。今も『お仕置きされた~い』とか、この子たち、先輩なのにイジってくる。ナメられてる。まぁかわいいんですよね」と呆れ顔。さらに一番のリーダー的ポジションとなる愛野美奈子/セーラーヴィーナス役の田村が「一緒に演っているのが圧倒的に先輩が多いので、特に純奈さんとか…立ってるだけでリーダー感が出ちゃうからそれをいかに超えていくか」と語れば、伊藤から「イジってますよね?」と眉をひそめて笑いを誘っていた。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ