小雪、42歳のセーラー服姿を披露「やっぱりかわいいですよね!」

オリコン

10月11日スタート、金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第1話のメインゲスト・小雪がセーラー服姿で回想シーンに登場(C)テレビ朝日 拡大

10月11日スタート、金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第1話のメインゲスト・小雪がセーラー服姿で回想シーンに登場(C)テレビ朝日

 きょう11日からテレビ朝日系でスタートする金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)。第1話で新興宗教の教祖にして時効事件の被疑者・神沼美沙子を演じる小雪(42)が、美沙子の高校時代も自ら演じ、セーラー服姿を披露する。

【写真】横顔姿が美しい…セーラー服姿の小雪

 時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディーミステリー『時効警察』シリーズの第3弾。

 『時効警察』は、回想シーンも基本的に本人が演じるルール(!?)。小雪にも打診したところ、最初はさすがに「それはないでしょう(笑)」と思ったが、即座に好奇心が勝ったそう。「コメディーだからこそ逆に、今の私がセーラー服を着て高校時代を演じる様を面白く撮ってくれるのかなって、いろいろ想像しました」と、自ら面白がりながらセーラー服を着用した。

 竹を割ったような性格の小雪は「私自身にセーラー服を着る趣味もないし(笑)、まさか42歳になって着るとは思わなかったですね」と苦笑いしながらも、「違和感があると思ってしまったら、何もできない。普通の服もセーラー服も衣装ということで(笑)、あまり深く考えずに挑みました」と、あっけらかん。

 しかも、いざセーラー服を着てみたら、さらにポジティブモードへ!? 「やっぱり制服ってかわいいですよね! 大人になってから着ると、ずっと制服を着ていた頃にはなかった新鮮さを感じました」と、満足げな笑みを浮かべていたそう。

 そんな小雪の貴重なセーラー服姿はもちろんのこと、実は彼女が演じる高校時代のエピソードは絶対に見逃せない要素。そこにはほかでもない、霧山が今回捜査する“時効になった2つの密室殺人事件”を語る上で重要かつ、驚きの情報が潜んでいる。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ