『警視庁・捜査一課長』乙葉演じる刑事のあだ名は…シリーズ初の甘くない「スムージー」

オリコン

10月13日放送、ドラマスペシャル『警視庁・捜査一課長』青山署刑事課の須村順子役で乙葉(右)が出演(C)テレビ朝日 拡大

10月13日放送、ドラマスペシャル『警視庁・捜査一課長』青山署刑事課の須村順子役で乙葉(右)が出演(C)テレビ朝日

 女優・タレントの乙葉が、13日放送のテレビ朝日系ドラマスペシャル『警視庁・捜査一課長』(後9:00~11:05)で、主人公の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)の右腕として活躍するメインゲストの刑事役に初挑戦。同ドラマ“恒例”のあだ名に関する裏話を明かした。

【写真】『警視庁・捜査一課長』最新スペシャルより

 ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く人気シリーズの最新スペシャル。今作のキーワードは、“おもてなし”。なんと観光ツアーのバスガイドが添乗中に殺害される前代未聞の事件が発生。都内を走る観光バスの乗客乗務員の計444人が容疑者という、かつてない混乱の事態が起こる。

 乙葉が演じるのは、青山署の刑事・須村順子(すむら・じゅんこ)。彼女は亡き父から、“人間は思いやり、つまりおもてなしの心が大事”と教えられ、人々をやさしさで救うために刑事になった女性。事件を追ううち、大岩と順子はある人物に疑いの目を向ける。それは、接客コンテストの頂点に君臨する、“おもてなし名人”バスガイド・御殿山里美(雛形あきこ)。おもてなしの達人刑事=順子は、おもてなしチャンピオン=里美の疑惑にどう迫るのか!? 

 2002年に同局で放送された『逮捕しちゃうぞ』で警察官役にふんしたことはあったものの、刑事役は初めて。メインゲストという大役に、緊張しながら撮影初日を迎えたという乙葉。

 「内藤(剛志)さんをはじめ、みなさんが温かく迎えてくださって…。内藤さんが“出来上がったチームに入ってくるのって大変だよね…”と話しかけてくださり、少しでも自然にいられるようにとコミュニケーションを取ってくださったので緊張が解けました」と、まさに内藤流の“おもてなし精神”で迎えてもらったことを明かす。

 その上、“キャリアの87%が刑事役”の大先輩である内藤からはさまざまことを教わる刺激的な日々だったと振り返り、「『共演者みんなで語り合うことによって、その空気感が必ず視聴者に伝わる』など、本当に心に残る言葉が多くて…。これからの私にとってためになるお話ばかりでした」と、感謝に堪えない様子だった。

 そんな乙葉演じる須村順子刑事について、内藤も驚いていたのが“あだ名”。この『警視庁・捜査一課長』シリーズでは、大岩一課長の右腕となる女性刑事のニックネームがユニークで、これまで大福、最中、ババロア、チョコ、ヨウカン(羊羹)、和菓子、アンコ…など、“甘いものシリーズ”が恒例となっている。

 しかし、今回、大岩一課長が順子に命名したのは、“スムージー”。乙葉は「確かにこのシリーズにしては新しい感じのあだ名だなと思いました(笑)」、内藤は「“アリ”なの!? 甘くないイメージなんだけど…!?」と、最初は“甘いとは限らない”上に“飲み物”という異例のあだ名に少々戸惑ったという。

 「でもスムージーって相手の身体を心配したり、身体の調子を整えたいときなどによく作るものだと思うので、おもてなし刑事の順子にはピッタリのあだ名だと思うようになりました」(乙葉)、「あだ名って愛情をこめて呼ぶものだからこそ、その人のよい面を捉えてつけたほうがいい。そういう意味で、すごくアリだなと思い直しました(笑)」(内藤) と、演じるうちに、2人とも順子の内面と重なる、このニックネームに納得。シリーズ初、甘くないあだ名の女性刑事が誕生することに。

 「疑いから入るのではなく、まずは相手を信じ、心情を思いやる、まっすぐな女性」(乙葉)の順子を、まっすぐに、ひたむきに演じたに乙葉を、内藤も絶賛。「乙葉さんはやさしくてたおやか 控えめなのに芯が強い。須村順子刑事の“成長譚”を見事に演じてくださいました」と、称えていた。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ