ミュージカル『忍たま乱太郎』あす初日公演中止に「信頼できるスタッフさんたちの決断」

オリコン

(前列左から)湯本健一、渡辺和貴、新井雄也、木村優良、秋沢健太朗、反橋宗一郎(後列左から)山木透、佐藤智広、栗原大河、樋口裕太、大谷誠、三井淳平、高畑岬 (C)ORICON NewS inc. 拡大

(前列左から)湯本健一、渡辺和貴、新井雄也、木村優良、秋沢健太朗、反橋宗一郎(後列左から)山木透、佐藤智広、栗原大河、樋口裕太、大谷誠、三井淳平、高畑岬 (C)ORICON NewS inc.

 人気アニメ『忍たま乱太郎』のミュージカル『「忍たま乱太郎」第10弾再演~これぞ忍者の大運動会だ!~』の公開ゲネプロが11日、東京ドームシティシアターGロッソで行われた。あす12日に舞台初日を迎える予定だったが、台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから中止が決定。キャストを代表して反橋宗一郎が「初日だけ来る予定だった人も、どこか時間を見つけて来ていただけたら。そうしたら何倍も楽しませられるように、僕らも頑張ります」とファンに向けてメッセージを送った。

【写真】”忍者ポーズ”で登場した出演者たち

 反橋は「とても残念ですけど、製作委員会の方の決断は忍たまらしいと言いますか、ファンの方たちの安全を考えてなので本当に信頼できるスタッフさんたちだなと。初日に上演することはできませんが、どうかご理解いただけたら」と続けた。

 また、原作であるギャグ漫画『落第忍者乱太郎』(作者:尼子騒兵衛)が、11月30日に発売される単行本65巻をもって完結することが発表されることを受け、エグゼクティブ・プロデューサーの澤田隆司氏は「原作があって、NHKのアニメがあって、ミュージカルがある。原作が終了したとしても、アニメとミュージカルは続けられる限り続けたい。キャスト、スタッフも同じ気持ちです」と可能な限りで継続していくと話した。

 今年5月から6月にかけて上演された同ミュージカルの再演となる今回。アニメはアニメは一年生の乱太郎たちが主役だが、五年生や六年生など上級生にスポットが当てられ、学園長の突然の思いつきで忍術学園大運動会が開催することになり、“くの一”や敵役のドクタケの乱入、そして最強の暗殺者の不気味な影も近づいてくる。

 六年生組の渡辺和貴は「前回と同じキャストで、同じご飯を食べて、同じホテルに泊まった仲間たち。みんなで過ごした時間が良い形で舞台に出ていると思います」とし、木村優良は「けっこう細かいところや殺陣の場面も変わっていて、初演を観てくれた方には前回との変化を、初めて観る方には来て良かったと思っていただけるように頑張ります」と意気込んだ。

 この日は、湯本健一、新井雄也、秋沢健太朗、山木透、佐藤智広、栗原大河、樋口裕太、大谷誠、三井淳平、高畑岬も出席した。

 東京公演は13日から27日まで。11月8日から10日までは、兵庫県・あましんアルカイックホールにて上演される。あす中止の公演の代わりに、14日午後5時から追加上演される。チケット販売や、あすの中止についての払い戻し方法の詳細は、12日午後1時ごろに公式ホームページ、ツイッターにて発表される。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ