サッカー代表、ドゥシャンベ到着

共同通信

 【ドゥシャンベ共同】サッカー日本代表は11日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のF組第3戦で15日にタジキスタンと対戦する敵地ドゥシャンベに到着した。

 日本は10日にホームでモンゴルを6―0で下し、2連勝で勝ち点6。この試合でDF冨安(ボローニャ)が負傷離脱し、DF室屋(FC東京)を追加招集して現地入りした。タジキスタンも勝ち点6で並んでいる。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本の31位に対し、タジキスタンは115位。

PR

PR

注目のテーマ