弘中綾香、神田松之丞のコンプレックスに「めんどくさ!」 太田光は爆笑問題の危機明かす

オリコン

 お互いのラジオ番組で悪口を言いあってきた、爆笑問題・太田光と、講談師・神田松之丞の直接対決が、テレビ朝日の『お願い!ランキング』(月~木 深0:55※毎月最終週の木曜は休止、関東ローカル)で実現。きょう16日と17日に2夜連続で放送される。

【写真】2人の様子を見守る爆笑問題・田中裕二

 「今、最もチケットが取れない講談師」「講談界の風雲児」と呼ばれ、100年に1人の天才と言われている松之丞がラジオで「太田さんは知識あるみたいに見せかけて薄いんだよ!」と毒づけば、太田も番組で「嫌われ松之丞がまたギャーギャー言っていてね、お前は今敵だらけ!」と言い返す。お互い半年に渡りラジオで言い争ってきた因縁の2人が対面し、視聴者からの悩みに答えたら…、一体どんな番組になるのか?

 16日の放送では「コンプレックスとどう付き合えばいい?」という悩みから、2人が自身のコンプレックスについて熱弁。極度の方向音痴の自分に対し、妻は海外旅行に行くと方向感覚も正確、英語もフランス語もペラペラで超優秀であるため、男の意地(?)からコンプレックスを感じた松之丞は「失敗が思い出に残る、そんなの旅の面白さがないじゃん!」と怒ったと明かす。これに、弘中綾香アナは「うわっ、めんどくさ!」と怪訝(けげん)な表情を見せる。

 一方「コンプレックスしかない!」という太田は、妻で事務所社長の太田光代氏に対して未だにコンプレックスを持っていると告白。相方の田中裕二のコンプレックスにも話題が及び、太田が「アイツは芸能界で一番プライドが高い!」「信じられないくらい自分が好き」「自分のことをかわいいと勘違いしている!」など、その場にいないことをいいことに、相方への超絶毒舌ダメ出しがさく裂する。

 田中が2000年に左側の睾丸を摘出する大病にかかった際のエピソードとして、松之丞が太田がネタにしていることでコンプレックスをなくしているのではないかと推測。太田は、実はけっこうシリアスな状況だったが「ここでシリアスになると爆笑問題が終わると思った」と考えて、記者会見で“ある行動”を取ったのだと明かすと、松之丞が「カッコいい話を引き出した!」とご満悦の様子で語る。

関連リンク

PR

PR

注目のテーマ