ソ6―3巨(20日)

共同通信

 ソフトバンクが終盤の一発攻勢で勝負を決めた。七回に失策から無死一、三塁として松田宣の3ランで先制。八回に柳田のソロと福田の2ランで3点を奪った。高橋礼が7回を1安打無失点と快投し、モイネロ、高橋純、森とつないで逃げ切った。

 巨人はメルセデスが6回1安打無失点と好投したが、継投した直後に守備のミスから崩れた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ