21年クラブW杯、中国で開催

共同通信

 【上海共同】国際サッカー連盟(FIFA)は24日、上海で理事会を開き、24チームが出場する新方式へと改編する2021年のクラブワールドカップ(W杯)を中国で6、7月に開催することを決めた。

 各大陸の出場枠は今後協議するが、AP通信などによるとアジアからは今年と来年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)覇者など最低3チームの参加が見込まれる。欧州には最大となる8枠が割り当てられるという。

 今年と来年のクラブW杯は、各大陸連盟のクラブ王者など7チームが参加する現行方式で、22年W杯の開催地でもあるカタールで実施される。

PR

海外サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ