社会人野球、大阪ガスが初優勝

共同通信

 野球の社会人日本選手権最終日は4日、京セラドーム大阪で決勝が行われ、大阪勢同士の対決は大阪ガスが日本生命を4―1で破り、23度目の出場で初優勝を果たした。

 大阪ガスは二回に連続適時打で2点を先取し、三、六回にも1点ずつ加えた。先発した阪本が7安打1失点で完投。日本生命は四回に1点を返すにとどまり、4大会ぶりの優勝を逃した。

 最高殊勲選手は4試合に登板して2完投の阪本、首位打者(打率6割6分7厘)と敢闘賞に日本生命の広本が選ばれた。

PR

野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ