ウッズ、自分を「彼」と指名

共同通信

 男子ゴルフの米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦、プレジデンツ・カップ(12月・メルボルン)で米国の主将を務めるタイガー・ウッズが7日、通常はプレーしない主将による推薦選手の最後の1人に自分を指名した。「主将としてタイガー・ウッズを選ぶ。彼は9度目の出場になるのか」と淡々と発表した上で「三人称で話すのは面白いね」と笑った。

 8月に左膝を手術し、10月に千葉で行われたZOZOチャンピオンシップで復帰。長距離を移動しての実戦は「自分にはビッグイベントだった」。ここで米ツアー歴代最多に並ぶ通算82勝目を挙げ、「チームに貢献できると思った」と自信を得た。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ