大相撲、御嶽海らの闘いに注目

共同通信

 一年納めの大相撲九州場所は10日に福岡国際センターで初日を迎える。先場所優勝の関脇御嶽海は成績次第で大関昇進の可能性があり、闘いぶりが注目される。優勝争いは休場明けの白鵬、鶴竜の両横綱を中心に混戦模様だ。

 9日は会場で土俵祭りが営まれ、三役以上の力士や日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席し、15日間の安全を祈願した。御嶽海は「気負いはない。いつも通り、自分の相撲を取るだけ。そうすれば問題ない」と自信を漂わせた。

 若手が台頭する中で、ともに30代の両横綱は意地を示したいところだ。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ