乃木坂46齋藤飛鳥&星野みなみ初2人旅で本音「誤解されやすいよね」「お互いね」

オリコン

 アイドルグループ・乃木坂46の月1レギュラー番組『#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』スペイン編の事前番組が10日にAbemaSPECIALチャンネルで放送され、齋藤飛鳥(21)と星野みなみ(21)の2人旅の一端が明らかになった。

【写真】セグウェイ観光にテンパる星野みなみ、生ハムにハマる齋藤飛鳥

 毎月1回、2日間にわたって放送される同番組は、月ごとに異なる乃木坂46メンバーが、2人1組でスタッフも通訳もいない“完全自由”な3日間の海外旅行に出かけるもの。11月16・17日放送の第2回では、齋藤飛鳥(21)と星野みなみ(21)の“あしゅみな”コンビがスペインを旅する。

 10日放送の事前番組『【いいとこ取り30分SP】#乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!スペイン編』では、360度カメラを使用し、超至近距離で齋藤と星野を撮影。視聴者からは「約束された神回」「可愛いの極み」「あしゅみな最強!」とコメントが多数投稿され、番組終了後のツイッターでは「#乃木坂世界旅」のキーワードがトレンド入りした。

 中でも最も視聴者のコメントが多く寄せられたのは、同期でありながら8年間一緒に出かけたことがなかった2人がレストランでお互いの胸中を話すシーン。星野が「みなみ以外で(一緒に行く人の)選択肢あった?」と聞くと、齋藤は正直に語り始め「みなみって、(自分と)行ってくれるのかな?って思った」「でも、本当にみなみが“行きたい”って言ってくれたじゃん? あれが本当にうれしかったの。『あぁ、行ってくれるんだ』って思って」と星野の誘いで今回の旅が決まったときの本音を打ち明けた。

 星野は「誘う人じゃないんだから、お互い。永遠に誘われないし誘わないし」と苦笑いすると、「誤解されやすいよね絶対」「大変だね」「お互いね」と共感しあい、視聴者は「2人のこの会話いいなあ」「いい関係性」「あしゅみな旅見れてよかった」としみじみした。

 このほか、マドリッドでのセグウェイ観光などもチラ見せ。セグウェイ初挑戦の星野は操縦にてんやわんや。走り出しが遅れ、容赦なく鳴らされるクラクションに「待って待って待って…! 初心者マークないの、これ」と大慌て。齋藤は「みなみちゃん、ブーブー鳴らされてるよ!(笑)」とツボに入り、「みなみちゃん頑張れ!」「テンパるみなみも可愛い」「あしゅがずっと笑ってる」と視聴者を和ませた。

 本編は16・17日の両日、午後9時からAbemaGOLDで放送。2人がスペインでやりたいことに掲げていた「マドリッドをセグウェイで観光したい」「本場の生ハムを食べ歩き」「地中海・絶景の海ではしゃぎたい!」「一緒にお酒を飲みたい!」は、どのようにしてかなえられたのかが明らかになる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ