平幕友風が右膝重傷で休場

共同通信

 大相撲の西前頭3枚目友風(24)=本名南友太、神奈川県出身、尾車部屋=が九州場所3日目の12日、日本相撲協会に「右膝関節脱臼で靱帯損傷を伴う。治療期間は現在のところ未定」との診断書を提出し、休場した。押し出されて2敗目を喫した2日目の琴勇輝戦で右膝を負傷した。

 師匠の尾車親方(元大関琴風)によると重傷で、復帰のめどについて「長引くだろう。そう簡単にはいかない。最低でも1年はかかる」と見通しを語った。

 休場は2017年夏場所の初土俵以来初めて。3日目の対戦相手、平幕碧山は不戦勝。今場所の十両以上の休場は横綱鶴竜、大関豪栄道らに続いて5人目となった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ