岩佐亮佑、12月に王座決定戦

共同通信

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級1位の岩佐亮佑(セレス)が12日、千葉県柏市の所属ジムで記者会見し、12月7日にニューヨークで同級3位のマーロン・タパレス(フィリピン)と暫定王座決定戦を行うと発表した。昨年8月に同級王座から陥落した岩佐は「返り咲くラストチャンスなので、何が何でも取りにいく」と抱負を語った。

 岩佐はことし2月に指名挑戦者決定戦を制した。IBFなど2団体王者のダニエル・ローマン(米国)が負傷で試合を行えず、暫定王座決定戦が実施されることになったという。

PR

格闘技 アクセスランキング

PR

注目のテーマ