白鵬1敗守る、両大関は黒星

共同通信

 大相撲九州場所5日目(14日・福岡国際センター)一人横綱の白鵬は平幕妙義龍を難なく突き落として1敗を守った。

 両大関は黒星。かど番の高安は明生のかいなひねりに屈し、2連敗で2勝3敗。貴景勝は宝富士に突き落とされて2敗目を喫した。成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海は隠岐の海に寄り切られて3敗目。関脇栃ノ心は右肋軟骨骨折で休場し、10勝が条件だった1場所での大関復帰が絶望的となった。

 白鵬、小結朝乃山と平幕5人(若隆景を除く)が1敗で並ぶ混戦となった。日本相撲協会広報部の資料によると、5日目で全勝がいなくなるのは2001年秋場所以来。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ