デスクの3分の2を占領するお猫様、“しもべ”と化した猫好き冥利に尽きる毎日

オリコン

 おまんじゅうとしらたまは、4歳のミックス猫。デスクの上をデーンと占領するおまんじゅうの横で、窮屈そうにパソコン作業をする投稿には、「うちもです!」、「世界は猫を中心に回ってる」と多くのいいねが。猫を飼っている人のみならず、飼っていないけど猫好きな人も多く魅了している2匹の日常を、自身を“猫の下僕”称し楽しんでいる飼い主の@servant_nekoさんに聞いた。

【写真】PCは猫の枕ですか? デスク周辺のものはすべて猫様に捧げました…おまんじゅうとしらたまの悠々自適な毎日

■猫なしでは生きていけない僕らの前に現れた、猫の惑星からきた2匹

――2匹との出会いを伺いたいのですが、まずはおまんじゅうちゃんを家族に迎えたきっかけは?

【@servant_nekoさん】里親募集ツイートです。妹と実家を出て2人暮らしを始めることとなり、その時にはお互いすでに猫なしでは生きていけない体となっていたため、いつどんなときでも猫をお迎えできるようペット可の物件を契約し、生活が落ち着いてきた頃に里親募集サイトやツイッターでの里親募集ツイートを巡回し始めました。

――その後、すぐ出会えたのでしょうか?

【@servant_nekoさん】四六時中巡回している中、おまんじゅうと出会いました。都内の繁華街で保護され、里親が見つからなければ近日中に保健所に連れて行くしかないという旨のツイートを見つけ即座に声をかけたことで、今の下僕ライフを迎えることができました。

――では、しらたまちゃんとの出会いは?

【@servant_nekoさん】しらたまは、親戚の家で生まれた子猫を引き取りました。猫を求めていた時期に、実家の母にも「知り合いから猫の里親募集話があったら即座に連絡して欲しい!」と連絡をとるたびにアピールしていたところ、おまんじゅうの引き取りが決まった数日後に親戚の家で子猫が産まれたと連絡が入りました。

――ほぼ同じタイミングだったんですね。

【@servant_nekoさん】はい。もともと実家で猫2匹と暮らしていたこともあり、仲良くなれる子猫のうちにタイミングよく出会えれば2匹お迎えしたいと思っていたので、母の連絡に私の心はお祭り騒ぎでした。しらたまのお母さんは、親戚の家に突然上がり込んできたのら猫だったそうです。

――親戚の家で出産をしたということでしょうか?

【@servant_nekoさん】なんの警戒もなく親戚宅の猫ドアから入ってきて、数日後に寝室が騒がしいと思い見に行くと、生まれたての子猫が3匹ベッドの上にいたそうです。「そんなことある!?」と驚きつつ、この奇妙な偶然が重なって出会えたからこそ、2匹に対しての愛は凄まじいものとなりました」

――それぞれの名前の由来は?

【@servant_nekoさん】おまんじゅうは、保護してくださった方から頂いた最初の写真が、産まれて数日くらいの茶色くて小さなまん丸いかたまりで、「これおまんじゅうだ!」と直感で思ったことが由来です。しらたまの命名はその後だったので、同じく美味しいシリーズにしようと名付けました。その時は真っ白な見た目だったのですが、今ではどちらかというと「きなこもち」だなと思います。

■2匹がかりでお見舞いされる 朝の鼻パンチも愛おしい生活――8月に投稿された、おまんじゅうが机を占領する画像に多くの反響が寄せられていました。これはよくある風景なのでしょうか?

【@servant_nekoさん】以前から机で作業しているとドーンと寝そべり占領してくることはよくありました。今回は笑っちゃうくらい圧倒的に占領されている中、何も言わずに横にずれて作業を続ける光景が、まさに“世界で一番お猫様”でおもしろかったため投稿せずにいられませんでした。

――2匹の1日の日課で特徴的なものはありますか?

【@servant_nekoさん】朝、人間の起床が遅いと、2匹がかりで鼻をパンチしたり、顎をなめたりお腹を横断したりして起こしてくれるのが日課です。

――最近2匹がハマっていることは?

【@servant_nekoさん】おまんじゅうは、お風呂のお湯を飲むこと。桶に入れたお湯でもいいらしいです。しらたまは乾燥パスタが好きで、茹でようと取り出すと「おもちゃだ!遊べ!!」の感覚で鳴きながら寄ってきます。

■猫の幸せ=私の幸せ、“しもべ”になってわかった「猫と暮らす」ということ

――ツイッターのプロフィール欄でご自身を「下僕」と表現されていますが、「猫のしもべだなぁ」と一番感じるのはどんな時ですか?

【@servant_nekoさん】“猫の幸せ=私の幸せ”であること感じる時です。猫の幸せがベッドの中央で寝ることなら、端っこをお借りして寝返りで落ちないよう祈りながら眠る。猫の幸せが服の詰まったタンスの中で寝ることなら、翌日毛まみれになった服の洗濯大会を開催する。猫たちが窮屈に思うことなく、自由にのびのびと過ごしている様子を見届けることが何よりの生きがいで、しもべである幸せです。

――一番幸せを感じる瞬間はどんな時ですか?

【@servant_nekoさん】猫たちの安心して緩みきった寝顔を見る瞬間です。目の前で弱点を晒し、つっついても起きないくらい爆睡している姿を見ていると、言葉を交わさずとも私はこの子達に信用され、ちゃんと信頼関係を結べているのだなと認識できてこの上ない幸せを感じます。

――今後、2匹と一緒に実現させたい夢はありますか?

【@servant_nekoさん】しらたまとおまんじゅうと幸せに暮らす、猫屋敷を建てるのが夢です。でも、私が猫を想ってワクワクしながら設置したキャットウォークなんかには目もくれずそこらの段ボールの中でスヤスヤ眠ているのを見てガッカリする、それもまた本望です(笑)

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ