栃ノ心、大関復帰が消滅

共同通信

 大相撲九州場所7日目の16日、右肋軟骨骨折で5日目から休場した西関脇の栃ノ心(32)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=の1場所での大関復帰が消滅した。発表された8日目の取組に入らず、復帰条件の10勝に届かないことが決まった。7日目まで2勝3敗2休。

 左足首の負傷で2日目から休場した東大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=も8日目の取組に入らず負け越しが決定し、来年1月の初場所は9度目のかど番で迎える。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ