横綱白鵬、単独首位を維持

共同通信

 大相撲九州場所7日目(16日・福岡国際センター)一人横綱の白鵬は平幕宝富士を難なくはたき込み、6勝1敗で単独首位を維持した。

 かど番の大関高安は玉鷲を突き倒し、連敗を3で止めて3勝目を挙げた。大関貴景勝は妙義龍を押し出して連敗を2でストップさせ、4勝目。

 関脇御嶽海は琴勇輝を押し出し、4日ぶりの白星で3勝目。新小結朝乃山は2敗を守った。

 朝乃山のほか平幕の佐田の海、正代、千代丸、輝の計5人が2敗で白鵬を追う展開となった。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ