『THE W』 活動自粛のチュート徳井に代わってフット後藤が新MC就任「いろいろありまして…」

オリコン

 最も面白い“笑いの女王”を決める日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(後8:00~10:54)で、過去2大会MCを担当していたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が税務申告漏れ問題で活動自粛を発表したことを受け、新MCとしてフットボールアワーの後藤輝基が就任することが決定した。19日に同局を通じて発表された。

【写真】徳井、“大好きな人”との腕組2ショットにデレデレ

 当初は徳井がMCを担当する予定となっていたが、先月28日に行われたファイナリスト決定会見で、番組担当者が「(MCについて)現在対応検討中です。わかり次第、発表させていただきます」と現状を報告していた。

 今回の新MC決定を受け、後藤は「なにやらいろいろありまして、司会をやらせていただきます! みなさんと一緒に楽しませてもらいます!」と意気込み。統括プロデューサーの宮本誠臣氏は「ご担当している様々な番組を通して、多くの若手芸人さんと交流があり、
後輩たちからも慕われていることなどから、出場する女性芸人さんの魅力をより引き出していただけると思い、お願いしました」と起用理由を説明している。

 同番組は女性という参加条件を満たせば、プロアマ、芸歴、人数、年齢を問わない、自由度の高い“女芸人の祭典”。漫才、コント、一人芝居、モノマネ、パフォーマンスなどジャンルは何でもアリの“異種格闘技戦”で、優勝賞金1000万円、さらに「女芸人No.1」の称号をかけて熱い火花を散らす。一昨年の第1回大会はゆりやんレトリィバァ、昨年は阿佐ヶ谷姉妹が優勝を果たした。

■『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝ブロック
Aブロック:そのこ、にぼしいわし、123☆45、ハルカラ、3時のヒロイン
Bブロック:おかずクラブ、はなしょー、阿佐ヶ谷姉妹、つぼみ大革命、紺野ぶるま

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ